都議候補への「中国による人権侵害に抗議を求める意見書に関するアンケート調査」、続々と『賛成』の回答集まる

↓↓↓

吉田康一郎さんのツイート

都議候補への

「中国による人権侵害に抗議を求める意見書に関する候補者アンケート調査」、

各選挙区の共産党の候補者から、続々と「賛成」の回答を頂いています。

現在、都議選の候補者の中で、中国の人権侵害に最も機敏に明確に反対の意思を表明しているのは、

日本共産党及びその候補者です。

関連ツイート

吉田康一郎


日本の安全と繁栄を願う。「育児支援と防災緑地と平らな歩道の中野を創る会」代表。元都議2期。H22年、都青少年条例案に最初に反対し否決に導く。同年、都議会史上初めて朝鮮学校の補助金を削除。H24年、都に初めて複合災害時に0m地帯が水没する恐れを認めさせ、対策を始めさせた。3つの社団法人役員。商店街会長。防災士。中野区議。
吉田康一郎 - Twitter

ネット上のコメント

日本共産党はイメージコントロールがお上手であります

共産党はしたたかで賢い。このタイミングで何を言えばいいのかちゃんと分かっているし、意思統一もなされている。でも共産党はあくまでも共産党。そこを忘れちゃいけない。

おかしいな、公明の高倉なんちゃらは回答無しですか?ダメだな

我が区にも立候補者出して欲しかった…

本当にこれは知りたい案件ですね。日本中の候補者にこのようなアンケートを基準に考えたい。

ぜひ、知りたい情報です。

良い取り組みと思います。無理を承知で申し上げますが、来る衆議院総選挙でも、このアンケートをして頂きたいです。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします