舛添要一氏、小池百合子氏に病名公表を求める「国政ではありえない」

舛添要一氏のツイート

政治は演技である。嘘も方便。IQの低い大衆は、それを見抜けない。だから演説のとき、聴衆の中のIQ最低の人に合わせろとヒトラーは言った。

トップが10日間も静養する病気の正式な診断名を誰も求めない都庁村の異常さ。

首相が10日間も休めば病名公表は霞ヶ関では当然である。

国政ではありえない非常識。

舛添要一


舛添 要一は、日本の国際政治学者、元政治家。株式会社舛添政治経済研究所所長、一般社団法人地域経済総合研究所評議員。 参議院議員、参議院自由民主党政策審議会長、厚生労働大臣、新党改革代表、東京都知事などを歴任した。
生年月日: 1948年11月29日 (年齢 72歳)
舛添要一 - Wikipedia

ネット上のコメント

都知事は定期的に公用車で湯河原行ってリフレッシュするくらいじゃないと務まらないハードな仕事なんですっけ

舛添氏は『自分に甘く、他人に厳しい』んだね。みんな見抜かれているんだから

現役の時に過労アピールが出来なかったから、小池さんずるいよぉ〜と私には聞こえる。

自分には激甘なのに、他人には厳しいんですね!

当時のあなたより、都のために身を削って働いてらっしゃると思います。過労でいいじゃないですか。どんなに大変な仕事か庶民でもわかりますがね。

歳を取るということは、分別がつかなくなるということでしょうか…。かける言葉が見つからない…

自らの失態がありながらも厳格さ醸し出すこの感じスコ(˙◁˙)

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします