「吉村さん、がんばってはる〜!」死者最多も“批判なし”・・・吉村知事を支える大阪メディアの異常

死者最多も“批判なし”吉村知事を支える大阪メディアの異常

▼記事によると…

「吉村さん、がんばってはる」

関西圏の昼のワイドショー。吉村洋文大阪府知事(46)がカメラに向かって、現在の大阪の感染状況や今後の見通しを語る。大阪のコロナ対策の総責任者である吉村知事だが、淡々としたその語り口からは、どこか当事者意識が希薄のようにもみえる。

その様子を聞きながら、ときどきちゃちゃを入れるのが吉本芸人を中心とした番組“コメンテーター”たち。もちろん批判的な質問などはほとんどなく、冒頭のような声でたたえることさえも……。これはコロナ禍でおなじみになった関西のテレビの現状だ。

「吉村知事と在阪メディアの蜜月ぶりは、とにかく異様です。昨年3月に、『大阪と兵庫県の往来を自粛してほしい』と吉村知事が突然発表したあたりから、吉村知事のテレビ露出が特に増えました。大阪府のホームページに掲載されている〈知事の日程〉欄には、吉村知事のメディア出演予定がいくつも並んでいます」

そう話すのは、元神戸新聞記者で大阪維新とメディアの関係に詳しいノンフィクションライターの松本創さん。本誌が調べてみると、2020年4月から2021年5月までの14カ月間で、吉村知事のテレビ出演は143回。多くは地元関西の情報番組だ。コロナ対応で多忙な時期に、週2回は出演していたのだ。

吉村知事がテレビ出演で忙しくしている裏で、地獄を見ていたのは、ほかならぬ大阪府民だ。

(略)

7/1(木) 6:11
https://news.yahoo.co.jp/articles/86a99dfbd8fcad51ed1fbc47d3a9f21c404b0e46

吉村洋文


吉村 洋文は、日本の政治家、弁護士、税理士。大阪府知事、日本維新の会副代表、大阪維新の会代表。大阪市長、衆議院議員、大阪市会議員、おおさか維新の会政務調査会長、大阪維新の会政務調査会長を務めた。
生年月日: 1975年6月17日 (年齢 46歳)
吉村洋文 - Wikipedia

ネット上のコメント

やりたい放題

維新と在阪マスコミの馴れ合いのもとで大阪は最悪の状態に……。

現地で人気がある「地方政党」は叩くのが難しいってだけの話で「オール沖縄」関係でも似たようなもんなんで「地方に寄り添い政権を叩くマスコミのニーズ」にあわないだけで維新だからではない。

何でも批判するこの記者の方が「異常」では!?

最近まで五輪中止を煽り、開催が決定的になると、手のひらを返して、代表選手を応援し出す、在京のメディアの方こそ異常。

ずっと思ってたんだが、ウイルスを拡げてるのは政治じゃなく、国民ひとりひとりじゃないのか?一部の「もらってしまった」人もいるのはもちろんだが、繁華街でのマスコミによるインタビューを見るたび、「不安です」「怖いです」なんて答えてる方々に疑問しかない。なら、出てくるなよと。

これはまたマスコミの恐ろしさですね。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします