健康志向の女性「チリ産のサーモンは海水の温度が高く、様々な抗生物質や抗菌剤などが餌に混ぜられて与えられています!」→ ツッコミ殺到…
※画像はイメージ

清水みちこさんのツイート

不自然なチリ産のサーモン

南米にあるチリの海水の温度は高く、本来寒冷地出身の鮭が育つには高すぎます。

そんな高い水温で養殖すると病気が発生するため、様々な抗生物質や抗菌剤などが餌に混ぜられて与えられています。

ちなみに日本に輸入される鮭の4割がチリ産。


https://twitter.com/michiko_no8/status/1409502588383350785

チリ


チリは南米の西の端に沿って延びる細長い国で、太平洋の海岸線は 6,000 km 以上にもおよびます。首都のサンティアゴは、アンデス山脈とチリ海岸山脈に囲まれた峡谷に位置しています。ヤシの木が並ぶアルマス広場には、新古典派の大聖堂や国立歴史博物館があります。大規模なメトロポリタノ自然公園には、スイミング プール、植物園、動物園も併設されています。
チリ - Wikipedia

ネット上のコメント

載せてる写真のサーモン、ノルウェーのアトランティックサーモンじゃないかと…

まさか、単純に南へ行けば行くほど気温や水温が上がるとか思ってらっしゃいませんよね?(・・;)

チリのサーモンの養殖は緯度の高い南部で行われています 最初にチリでサーモンの養殖を始めた小さい村では確か冬季では-30度にもなったそうです そのような北海道と同じもしくはそれ以下の寒冷地で育ったサーモンが水温が高いという理由で薬品類を投与することはまずあり得ません 拡散等お願いします

チリって一括りにしてるけどこの国国土南北に長いんすよ。それこそ北は亜熱帯、南は寒帯になるくらい。もしかして南アメリカとかアフリカは全域が熱いと思っていらっしゃる?

これぞなりきりの本領

チリの南端って南極圏ですけどね…風評被害も甚だしい。こんなデタラメ言説で国際的嘲笑事案に発展する前に、訂正するのが吉かと。

北極は極寒の地、南極は灼熱の地って思ってそう。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします