宮内庁・西村長官の発言、立民・安住氏「宮内庁長官の意見と思う国民いない」

立民・安住氏「宮内庁長官の意見と思う国民いない」

▼記事によると…

・立憲民主党の安住淳国対委員長は25日、天皇陛下が東京五輪・パラリンピック開催が新型コロナウイルスの感染拡大につながらないか懸念されていると「拝察」するとした宮内庁の西村泰彦長官の発言に関し、「西村氏自身の考え」としている政府に苦言を呈した。

「西村氏個人の意見だと思っている国民はいないと思う。そう思い込んでるのは菅義偉首相をはじめ閣僚だけだ。恥ずかしい」と述べた。国会内で記者団の質問に答えた。

2021/6/25 14:46
ms.nordot.jp/publishers/440928115616105569#
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

安住淳


安住 淳は、日本の政治家。立憲民主党所属の衆議院議員。立憲民主党国会対策委員長。 財務大臣、政府税制調査会長、衆議院安全保障委員長、民主党選挙対策委員長、防衛副大臣、民主党国会対策委員長、民主党幹事長代行、民主党宮城県連代表、民進党国会対策委員長、民進党代表代行等を歴任した。 父は牡鹿町長を務めた安住重彦。
生年月日: 1962年1月17日 (年齢 59歳)
安住淳 - Wikipedia

ネット上のコメント

立憲の存在こそ、恥ずかしい。そう思いません?安住さん

は?

それ、「天皇陛下を政治利用します」と言ってしまっているのと同義ですよね。

恥ずかしいって なんじゃそりゃ…

どう判断したらそんな風に断定できるのか不思議。決めつけるのはやめて下さい。

いや、個人の意見だと思ってたよ。

これは!間違いない!宮内庁長官の意見だ。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします