大谷翔平選手、席を離れる際に椅子をデスクの下に収めて立ち去る → 世界から称賛の声(※動画)

@AgingAnarchistさんのツイート

日本人には当たり前の行動が外国人には新鮮に映っている。

大谷さんが席を立つ時にちゃんと椅子をデスクの下に収めて去っていく姿を指摘しているんだけど、彼の一挙手一投足が注目されていくにつれ、彼の模範的な振る舞いがどこから来るのか、日本の教育について取り上げるメディアが増えるかもしれない

↓↓↓

↓↓↓

Dayana Villalobos Dimareさんのツイート

Googleyによる英語からの翻訳

私は2019年から野球をカバーし、2007年から野球愛好家であり、大谷のようなフィールドだけでなく、彼の人生、彼のマナーも見たことがありません。

今は彼のおかげで日本文化を本当に尊敬しています。

この種のビデオを共有できてうれしいです。

大谷翔平


大谷 翔平は、岩手県奥州市出身のプロ野球選手。右投左打。MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属。 高校3年時に当時としては高校生最速となる160km/hを計測。2012年のNPBドラフト1位で北海道日本ハムファイターズから指名され、2013年の入団以降、投手と打者を両立する「二刀流」の選手として試合に出場した。
生年月日: 1994年7月5日 (年齢 26歳)
大谷翔平 - Wikipedia

ネット上のコメント

日本の掃除から始まり掃除に終わる教育は私は好きです いつも施設を利用する時に言われる!『来た時よりも美しく』見えない誰かを思いやるに繋がってるんじゃないかなと

無意識のうちに習慣になってるのが素晴らしいです

大谷さん可愛い〜

すごいベビーフェイスですよね大谷選手って 体を見なければティーンだと勘違いされそう

気が付いたら隣の椅子まで直してる事あるあるですね。

親御さんの躾が良かったな、 身を美しく→躾

こういう当たり前のことが出来ない若者が多い。若者だけじゃないですが…

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします