バイデン政権、『新疆ウイグル自治区での強制労働に対する新たな対策』発表! 中国企業を排除する制裁措置

“強制労働に関与” バイデン政権 中国企業を排除する制裁措置

▼記事によると…

・アメリカのホワイトハウスは24日「中国の新疆ウイグル自治区での強制労働に対する新たな対策」を発表

・バイデン政権は、太陽光パネルの材料などを生産する中国のエネルギー企業5社についてアメリカ企業と事実上取り引きできなくなる制裁リストに追加したほか、これらの企業の製品がアメリカに輸入されることがないよう、港湾を監督する税関・国境警備局に対し、取締りの徹底を指示

・さらに、通常は2年に一度、労働省が更新する「児童労働や強制労働により生産された品目リスト」に、中国国内で生産された太陽光パネルの材料を特別に追加したとしている

2021年6月25日 5時54分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210625/k10013102821000.html

ジョー・バイデン


ジョセフ・ロビネット・バイデン・ジュニアは、アメリカ合衆国の政治家、弁護士、同国第46代大統領。短縮形名は、ジョー・バイデン。 ニューキャッスル郡議会議員、デラウェア州選出連邦上院議員、バラク・オバマ政権で第47代副大統領を歴任した。
生年月日: 1942年11月20日 (年齢 78歳)
ジョー・バイデン - Wikipedia

ネット上のコメント

この流れは予想してなかった。

その頃日本では某進次郎構文の人が太陽光発電を積極的に行おうと太陽光パネルの設置数増加に意欲を持ってますねぇ

それに引き換え日本は…(ふぅ)

進次郎ぴんち?笑

ウイグルは建前だろ

トランプとの違いがわからん

中国がジワジワ首を絞められていてワラタ

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします