韓国で足が32本ある奇形タコ発見 → 韓国ネット「ついに日本の放射線の影響が…」

韓国で足が32本ある奇形タコ発見=韓国ネットは不安視「ついに日本の放射線の影響が…」

▼記事によると…

・韓国・慶尚南道の海で足が32本あるタコが発見され、衝撃を与えている。6月23日、韓国メディア・ソウル経済が報じた。

記事によるとこのタコは、15日に慶尚南道泗川市、固城郡付近の沿岸で漁をしていた漁民によって捕獲された。現在はタコの「禁漁期」にあたるため漁民は放生しようとしたが、違和感を覚えてよく見たところ、足の数が通常の8本ではなく32本もあったという。漁民たちは「生まれて初めて見るタコだ」とし、「研究に必要かもしれないと思い保管している」と話しているという。

これについて学界では、「タコの足に傷がつくことで過剰な再生現象が発生することがある」と説明しているとのこと。しかし記事は、「ネットユーザーからは『日本の放射能による影響だ』と推測する声も上がっている」とし、「すでに日本では1957年と1998年に、足がそれぞれ85本と96本あるタコが発見されている」と報じている。

2021年6月24日(木) 14時20分
https://www.recordchina.co.jp/b878422-s25-c30-d0201.html

タコ


タコは、頭足綱 - 鞘形亜綱 - 八腕形上目のタコ目に分類される軟体動物の総称。
学名: Octopoda
寿命: ミズダコ: 3 – 5年
タコ - Wikipedia

ネット上のコメント

ハイハイ、いつものやつね…郵便ポストが赤いのも、電信柱が高いのも、みんな私が悪いのよ

いや、そちらの国から出た放射線だから

この国は日本大好きでしょうがないらしい。

中国かもしれないっすよ!w

そんなに珍しくないと思ったけどな

本物である証明は?

まだ放出してないのに?w

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします