宮内庁長官「陛下が五輪ご懸念と拝察」発言は「宮内庁長官自身の考え」 加藤官房長官

宮内庁長官「陛下が五輪ご懸念と拝察」発言に加藤官房長官「宮内庁長官自身の考え」

▼記事によると…

・西村宮内庁長官が、東京オリンピックに関する天皇陛下の受け止めについて、「開催が感染拡大につながるのではないかと懸念されていると拝察している」と発言したことについて、加藤官房長官は6月24日午後の会見で、発言は「宮内庁長官自身の考え方だ」との見解を示した

・加藤官房長官は会見で、西村長官の発言について問われ、「宮内庁長官のご自身の考え方を述べられたと承知をしている。詳細については宮内庁にお聞きいただきたい」と語るにとどめた。西村長官の発言は、必ずしも天皇陛下のお考えを表したものではなく、西村長官個人の考えだとの認識をにじませたものとみられる。

6/24(木) 16:42
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e6f550e9c783c729b9ee7f3388d33230c905e2d

加藤勝信


加藤 勝信は、日本の政治家、大蔵官僚。旧姓:室崎。自由民主党所属の衆議院議員、内閣官房長官。内閣総理大臣臨時代理就任順位第2位。
生年月日: 1955年11月22日 (年齢 65歳)
加藤勝信 - Wikipedia

ネット上のコメント

宮内庁にもサヨクはいるから陛下の直接のお言葉でなければ信用できない。そんなの当たり前だ。

そんなわけないやん

完全に公僕が立場を入れ違えてる

ホント政府には『馬鹿も休み休み言え』と言ってやりたいわ・・・ハァε-(ノω=; )

こ・・これは!?

その発言後で後悔するよ

ある意味、すごい発言ですね...。どこまで、歪曲すれば気が済むのだろう...。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします