中国メディア「もし第3次世界大戦が起こったら、日本は絶対に矛先を米国に向ける。戦時中に受けた被害を忘れることはない」

もし第3次世界大戦が起こったら・・・日本が攻撃する国は「中国じゃない」=中国メディア

▼記事によると…

・本当に第3次世界大戦が起こったら、日本はどうするのだろうか。中国メディアの騰訊は18日、「もし第3次世界大戦が起こったら、日本がまず攻撃する国」を予測する記事を掲載した。
 
 記事はまず、米国は「第3次世界大戦を意識して軍事演習を繰り返しており、それは日本も同じだ」と主張した。なぜなら、日本はもともと「野心の強い国」だからだとしている。敗戦国になっても米国の庇護を受けながら軍事力・経済力を付け、軍事強国に戻りたがっている国が、第3次世界大戦を意識しないわけはないと論じている。

 では、第3次世界大戦が起こると仮定した場合、日本は真っ先にどの国を攻撃するのだろうか。記事は「絶対に矛先を米国に向ける」と断言した。日米が盟友だというのは見せかけで、日本は軍事力強化のため仕方なく米国にすがってきただけだと主張した。そして、戦時中に米国から受けた被害を忘れることはないので、「第3次世界大戦が勃発したら、間違いなく日本は米国に反撃する」と強調している。

 しかし、現時点では、日本には米国に「反撃」するだけの実力がないため、今はそのための力を蓄えているところだとしている。

2021-06-21 22:12
http://news.searchina.net/id/1700086

第二次世界大戦


第二次世界大戦は、1939年から1945年までの6年余りにわたって、日本、ドイツ、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、フランス、ポーランド、中華民国、オランダ、ベルギー、アメリカ、ブラジルやそれらの植民地などの連合国陣営との間で戦われた戦争で、第一次世界大戦以来の世界大戦となった。
日付: 1939年9月1日 – 1945年9月2日
第二次世界大戦 - Wikipedia

ネット上のコメント

中国の思考がよくわかる。大東亜戦争で、アジアで唯一白人にシッポを振った連中

二階さんや公明党など、日本は親中議員を排除しておかないと、第三次世界大戦があったとき、日本は中国と一緒にアメリカと戦うかもしれません

いやそっちと同じにしないで欲しい。日本の戦後世代で米国恨んでる人なんて殆どいないよ。

え、そうなの?

(ヾノ・∀・`)ナイナイ(笑)

大戦になったら?そら決まっとるやないかいwww

ありえない妄想をするのは楽しいですよね

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします