弁護士「DVやモラハラをする人は『感情をコントロールできない』と評されることがありますが…」

弁護士 柴田収さんのツイート

DVやモラハラをする人は「感情をコントロールできない」と評されることがありますが、彼ら(彼女ら)が職場の上司とか重要な取引先とかに怒りの感情をぶつけることはありません。

怒りをぶつけていい相手を冷静に選んでいます。

ドメスティックバイオレンス


ドメスティック・バイオレンス(英: domestic violence、以下では略称:DVと記述)とは、「家庭内での暴力や攻撃的行動」(家庭内暴力)という意味の表現である。「domestic」とは「家庭の」という意味である。典型的には、夫婦間やパートナー間の暴力であり、被害者は女性であることが多い。
ドメスティックバイオレンス - Wikipedia

ネット上のコメント

確かに、そういう方達は外面は良い人が多く、他人からはわかりにくいと聞きますね。

以前の職場で後輩からパワハラされて…職場の上司とか取引先には怒りの感情ぶつけていませんでした。本当、その通りですね。

モラハラの方は常にサンドバックを探していて、見つけた瞬間から相手に感情を爆発させる生き物

めっちゃわかります!確かに。

ああ、本当にその通りです。私は転職先の社長から目をつけられました。お気に入りの社員には優しく声をかけるのを見て吐き気がしました。お気に入りになれなかった私がいけないんだなと感じました。

出張先で殴ってきたり 酔った勢いで殴ったり刃物で切りつけたりする六田ってのがいましたな~懐かしい

怒っても支障が無い人間を選んでいると言うのは実に腹立たしいですね。選べる環境を結果として容認している経営者に憤りを感じます。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします