橋下徹氏、ウガンダ代表の陽性者判明で「むやみに(PCR)検査拡大を言っていた人たちは、これを見て反省してもらいたい」

橋下徹氏、ウガンダ代表の陽性者判明で「むやみに検査拡大を言っていた人たちは、これを見て反省して」

▼記事によると…

・元大阪府知事の橋下徹氏が20日、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」にスタジオ生出演した。

・19日午後、成田空港に到着した東京五輪に出場するウガンダ代表選手団9人のうち、空港のPCR検査で1人の新型コロナウイルス陽性が確認されたことを報じた。

・橋下氏は「きちっと、対策、考えていたことが機能した、と思います」と評価した。その上で「はじめからまったくの入国者0なんてありえないわけですから、そこに陽性者が入った時にきちっとできたな、と。陽性者を見つけることができて、公共交通機関を使わずに泉佐野市に移動したということなんですが…」とコメントした。

 さらに「本題から外れるんですが」とした上で「こういう状況を見てもらえれば、今までずっとPCR検査をいつでも誰でもどこでもみんなでやることによって、陽性者を隔離するなんてことを言っていた人、たくさんいますけど、できないんです、1回ぐらいのPCR検査では。何回も何回も繰り返すことによってしか対応できない。むやみに検査拡大を言っていた人たちは、これを見て反省してもらいたい」と指摘していた。

6/20(日) 8:19
https://news.yahoo.co.jp/articles/3020d3a134c886a176a856eb104bece9c993d290

橋下徹


橋下 徹は、日本の弁護士、政治評論家、タレント、元政治家。大阪維新の会法律顧問。東京都渋谷区生まれ。大阪市育ち。豊中市在住。 大阪府知事、大阪市長、総務省顧問、大阪維新の会代表、日本維新の会代表、同共同代表、維新の党共同代表、おおさか維新の会代表、同法律政策顧問などを歴任した。
生年月日: 1969年6月29日 (年齢 51歳)
橋下徹 - Wikipedia

ネット上のコメント

今回は検査したから分かった。「むやみに」の意味が分からん。最初の検査で陰性でも数日後に陽性になった、何度か検査して陽性が分かった、なんて事例は腐るほどある。この御仁、何故こんなに検査に否定的なのか。最初に自分が言ったことを引っ込めたくないだけ?

意味不明。スクリーニングを徹底する以外、少なくとも初期段階では抑えるしかあるまい、検査せず変異株もスルーでは、国内であっても、感染を止められまい。

いや、検査を拡大しないと1回目すらないわけで別に間違ってないと思うけど。1回目で見つからないこともあるから、そもそも検査自体に意味がないみたいな考えって暴論では?

なぜ海外では馬鹿みたいにPCRが可能で日本では無理なんだ?それに橋下は体調を崩した時に真っ先にPCRを受けていたのに否定する行為がおかしい。

まだ早いですよ。橋下徹氏は都合の良い結果が出たときのみ、コメントをする卑怯なコメンテーターの話は聞く耳を持たないです。今の政府となんら変わらないんです。素通り検査だったから、今まで変異ウィルスが入ってきているんです。水際対策だけでは不十分です。やっぱり全員検査はやるべきです。

橋下氏は矛盾した発言をしている。何回も検査したから、陽性者を発見でき、隔離できたのでしょう。それと、いつでもどこでも、検査しろと誰が主張したのでしょう。平熱で、PCR検査した本人が言っても「おまいう」です。

何回も検査したから発見できたんでしょ。検査拡大した効果なんじゃないですか。広範囲に何回も繰り返し検査することによって陽性者を特定し治療できる。感染も未然に防げる。橋本さん、このコメントに反省してください。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします