『鋼の錬金術師』作者が中国で大炎上… 短編集にフランケンシュタインの毛沢東(けざわ ひがし)さんを登場させてしまう… → 作者「海賊版対策です」

『鋼の錬金術師』作者が中国で大炎上!『ヒロアカ』に続いてチャイナリスクの被害に…

▼記事によると…

・6月9日、人気漫画家・荒川弘の短編連作集『RAIDEN-18』が発売されたが、収録されていた〝とあるシーン〟が、中国のネットユーザーから激しい反感を買っている。

・「RAIDEN-18」は死体愛好家のタチバナ博士と、死体をつなぎ合わせて造られた人造人間・雷電18号を中心に展開するコメディー作品。今回問題になってしまったのは、中国の初代最高指導者・毛沢東のような見た目をしたフランケンシュタインが登場する場面。作中では毛沢東と明言されていないものの、「日本人の毛沢東(けざわひがし)」という思わせぶりな説明が行われていた。

・日本人からすれば何気ないギャグシーンだが、これが一部の中国人の逆鱗に触れてしまった様子。ツイッター上ではハッシュタグ「#荒川弘」が過激なネットユーザーたちによって荒らされており、その矛先は荒川の代表作である「鋼の錬金術師」にも向かっている。

・炎上が過熱している原因としては、荒川の問題発言が発掘されたことも大きい。荒川はインタビューにて、〝あの国〟で「鋼の錬金術師」の海賊版が出ていることを苦々しく思っていたことを告白。「RAIDEN-18」には、海賊版を出せない漫画を描こうという意図が含まれていたらしい。この発言により、中国ネットユーザーとの敵対構造が生まれてしまったのだ。

2021年6月19日
https://myjitsu.jp/enta/archives/91808

関連ツイート

荒川弘


荒川 弘は、日本の漫画家。女性。北海道出身。身長165センチ。
生年月日: 1973年5月8日 (年齢 48歳)
出生地: 北海道 幕別町
荒川弘 - Wikipedia

ネット上のコメント

結構悪意あって草

中国人として、荒川さんに感謝の意を表したいと思います。

いつの漫画だよ笑

露骨な悪意で自分の作品の質落とすのはみてて気持ちいいもんではないな

コピー防止目的だったんかw

中国市場なんて今更いらんやろ

最強の海賊版対策だな

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします