ALS女性「安楽死」→ れいわ・舩後議員が見解「死ぬ権利より生きる権利を守る社会に」

「死ぬ権利より生きる権利を守る社会に」 ALS女性「安楽死」事件、れいわ舩後参院議員が見解

▼記事によると…

・難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患うれいわ新選組の舩後靖彦参院議員は23日、ALSを発症した京都市の女性から頼まれ、薬物を投与して殺害したとして医師2人が逮捕されたことを受けて、「事件の報道を見聞きし、驚いています」とする見解を自身のホームページに発表した。

・舩後靖彦参院議員
インターネット上などで、『安楽死を法的に認めて欲しい』『苦しみながら生かされるのは本当につらいと思う』というような反応が出ていますが、人工呼吸器をつけ、ALSという進行性難病とともに生きている当事者の立場から、強い懸念を抱いております」

「患者同士が支えあうピアサポートなどを通じ、自分の経験が他の患者さんたちの役に立つことを知りました」

「『死ぬ権利』よりも、『生きる権利』を守る社会にしていくことが、何よりも大切です。どんなに障害が重くても、重篤な病でも、自らの人生を生きたいと思える社会をつくることが、ALSの国会議員としての私の使命と確信しています」

7/23(木) 18:51
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6366287

舩後靖彦 プロフィール


舩後 靖彦は、日本の政治家。れいわ新選組所属の参議院議員。 筋萎縮性側索硬化症 患者。「全身麻痺ギタリスト」を名乗る。
生年月日:1957年10月4日 (年齢 62歳)
舩後靖彦 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

そういう話じゃないと思うが。死ぬ権利もきちんと議論されるべきで、こういう筋違いの意見で議論を封じるような動きには反対。

生きる権利を主張するのは個人の自由だけど、それに死ぬ権利を主張する人まで巻き込むのはおかしいと思う。

ALSかどうかはさておき、生きる権利があるなら死ぬ権利も必要だと思うなあ。

生きる権利は重要で、それを蔑ろにすることはできません。しかし、死ぬ権利も同時に認めることは可能だと思います。

自分の意見だけが正しく、異論に対しては「強い懸念を抱く」と言う発言からは傲慢さしか感じません。

れいわの議員も自分では何も出来ない状態ですけど、自分が生きたいと思えば其もあり得る事でしょう。

本当に苦しむ人を前にして、その言葉は酷ではないか。

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認