蓮舫議員「安倍政権の感染症対策は迷走を続け、そのツケは国民が払う。取って代わる政党を」

蓮舫議員のツイート

安倍政権の感染症対策は迷走を続け、そのツケは国民が払う。

取って代わる政党を。

一年、国会で共同会派として政権に対峙。
今年の通常国会、黒川検事長の違法人事法案廃案、10万給付実現等、国民の声に後押しされ政権の間違いを正してきました。

さらに頑張らないと

蓮舫 プロフィール


蓮舫は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員。立憲民主党副代表兼参議院幹事長。 菅内閣で内閣府特命担当大臣、内閣総理大臣補佐官。野田内閣で内閣府特命担当大臣、公務員制度改革担当大臣を務めたほか、民主党幹事長代行、参議院東日本大震災復興特別委員長、民主党代表代行、民進党代表代行、民進党代表を歴任した。
生年月日:1967年11月28日 (年齢 52歳)
蓮舫 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

悪夢の民主党はご勘弁ねがいたい、とほとんどの国民が思ってることをご理解下さい。

取って代わる政党はあってもよい。でも、あんた等ではない。

10万給付は立民じゃなくて公明の案ですよ。ダメですよ、人の手柄を自分のものにしては。蓮舫さんそう言うのやめましょうよ、立民はなんの活躍もしてないですよ。末期なのかなぁ。

党名が問題だと言う。立憲だと左翼ポイからダメだと言う人、立憲コソ安倍政治と対峙する名前だと言う人、こんなこと簡単に乗り越えてもっと幅広く共闘して!

ないな〜。それやって、えらい目にあったからな、オレたち。ないない。ダメ、絶対に 旧民主党。

少なくとも、いわゆる民主党勢力に任さたいとは欠片も思わない

元民主党の方がコロコロ政党名を変えたり、くっついたり離れたりと…迷走しまくってるじゃないか!政治信念のカケラも感じませんが…

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認