【LGBT法】東京新聞記者の質問に、加藤長官「不当な差別はあってはならない」(※動画)

Mi2さんのツイート

【LGBT法】

東京新聞
政府としてはLGBTへの方への不当な差別は許されないという認識か?

加藤勝信官房長官
不当な差別はあってはならないと考えている

東京新聞
あってはならないではなく、差別は許されないという認識か?

加藤勝信官房長官
政府が申し上げてるのは不当な差別はあってはならない

加藤勝信


加藤 勝信は、日本の政治家、大蔵官僚。旧姓:室崎。自由民主党所属の衆議院議員、内閣官房長官。内閣総理大臣臨時代理就任順位第2位。
生年月日: 1955年11月22日 (年齢 65歳)
加藤勝信 - Wikipedia

ネット上のコメント

このやり取りから、“LGBT法案”とやらで一部野党が「許されない」という表現にこだわった背景が窺える。自民党がそれを呑んだら将来どうなるかも見える。理解増進を目的とした法律が、吊し上げと排除の道具にされる恐れ大。そして、かえって性的マイノリティーの人たちを孤立させてしまう恐れも。

偏向、誤報道は許されない。

こんな質問してたら、指名されなくなるよ(笑)

こんな言葉遊びをして何になるのか、頭狂新聞

政府はあってはならないと言っている。東京新聞の質問はあった事が前提になっている。どちらが厳しいかは言うまでもない。

新聞とか名乗んなよ活動家

人をイラつかせるのだけはトップクラスだな!

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします