京都・立本寺から300年以上前の仏像が盗まれる… 住職「許せない」

300年以上前の仏像盗難 京都・立本寺、時価不詳

▼記事によると…

・京都府警上京署は7日、京都市上京区の立本寺から、300年以上前に作られたとみられる仏像が盗まれたと明らかにした。寺の建物が現在の場所に再建された1700年ごろより前からあった仏像で、時価不詳としている。上田日瑞住職(80)は取材に「許せない。返してください」と話した。

・盗まれた仏像は「月天子」と呼ばれる火や月、星の化身の守護神で、高さ約50センチ。敷地のお堂に置いてあった。7日午前7時ごろ、寺に来た信者が仏像がないことに気付き、寺の職員が署に通報した。

6/7(月) 23:13
https://news.yahoo.co.jp/articles/81bbb923f9230db7ec7b3ed1b9df090e3129c940

立本寺


立本寺は、京都府京都市上京区にある、日蓮宗の本山。山号は具足山。塔頭が4か院ある。
所在地: 〒602-8345 京都府京都市上京区一番町107
立本寺 - Wikipedia

ネット上のコメント

仏像ドロと言えば…

半島じゃなく大陸だな

あの国に行く荷物はチェックしないと

売り物ではないから、時価もなにも、値踏みはできないだろう。それにしても、どういう輩が盗んでいくのだろうか。密輸出でもして、海外の好事家に売り渡すつもりなのかね。取っ捕まえて、厳罰に処して欲しいね

確か、以前仏像盗んで『我々のモノダ』と言っていた人達が居たな。

京都府警の威信にかけて徹底的に捜査をして頂きたい。必要なら警察庁もインターポールも動員を賭けて必ず犯人を捕まえて欲しい。

ただでさえ中国人に買い占めをされている京都が今回はこんな被害を・・

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします