大阪の女性看護師「爆発的に襲来、医療の限界超えた」「混乱の原因は、政治の誤った判断」

「爆発的に襲来、医療の限界超えた」 大阪の看護師が見た第4波

▼記事によると…

・新型コロナウイルスの第4波で、大阪は全国的に見ても最悪の感染状況となった。新規感染者数は徐々に減少しているが、英国株より感染力が強いとみられるインド株による感染も府内で確認され、予断を許さない状況だ。大阪市内のコロナ患者受け入れ病院で患者と向き合ってきた看護師に現場の状況を聞くと、「疲れ果ててとっくに限界を超えた。不十分な受け入れ態勢の中で多くの方が亡くなっていく状況を目の当たりにし、初めて看護師になった事を悔やんだ。府市は、ずれたコロナ対策とずさんな保健医療体制をしいた責任を免れない。コロナ対策を自治体に丸投げした政府も悪い」と吐露した。

・朝から日付が変わるまで対応したり、昼食を取る暇もなかったりすることが続き、1カ月で5キロ痩せた。

・「混乱の原因は、政治の誤った判断だと思う。知事は府民一人一人の命に向き合うべきだったし、対応を丸投げした医療現場でバタバタ重症化する患者を見に来るべきだった」と女性。「いつどこで感染症対応が滞り始めたのか、行政の失敗を検証してほしい。ワクチンの普及も重要だが、変異株の流入に対抗できるよう、保健所の人員を拡充し、検査や疫学調査の体制強化を」と訴える。

2021/6/5 18:07
https://mainichi.jp/articles/20210605/k00/00m/040/170000c
>>『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

日本の看護師


日本における看護師は、保健師助産師看護師法に基づく国家資格である。医療、保健、福祉などの場において、医師などが患者を診療するさいの補助または、病気や障害を持つ人々の療養上のお世話をすることを業とする資格である。疾病の予防や健康の維持増進を目的とした患者教育を行う医療従事者である。
資格種類: 国家資格
日本の看護師 - Wikipedia

ネット上のコメント

彼女が看護師をしています。ワクチン接種で身を粉にして働き、疲れ切っている姿を見て、もっとサポートはできないのか、と強く思うばかりです。

私は重篤者でした。自宅やホテル療養だったら死んでいました。保健所の判断なのか受けいてくれる病院があっただけなのかはわからないが、この判断が私の生死を分たのは間違いないです。この判断の責任は誰がとるのでしょうか?私は生きてるから疑問を投げられますが、死者はもう語れません。

魂の叫びを聞け!!

なかなか協力してくれない医師会はどう応えてくれるのか

この国の行政は誰も謝らず、誰も責任を取らない。

仕方がない事。出来るだけの事はしたから。感染病は予期せぬ出来事!何の目的で作ったのか中国に問いたい!

日頃の毎日新聞さんを見てると、この記事も脚色されてるか、本当なのかどうか、疑ってしまう。

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


いいね!&フォローをお願いします

新着情報をお届けします