ワクチン職域接種「1000人以上の企業から」→ 蓮舫議員「どんどん、なし崩し的不平等に」

蓮舫議員のツイート

中小や零細企業の社員、個人事業主、非正規社員、フリーランス等の方々は後回しでいいのでしょうか。

そもそも「優先接種」の医療従事者、高齢者、基礎疾患のある方々はまだ打ち終えていません。電話予約もまだとの人もいる。

どんどん、なし崩し的不平等に

蓮舫


蓮舫は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員。立憲民主党代表代行兼国民運動・広報本部長。元夫・村田信之との婚姻中の氏名は、村田 蓮舫。 菅直人内閣で内閣府特命担当大臣、内閣総理大臣補佐官。
生年月日: 1967年11月28日 (年齢 53歳)
出生地: 東京都
配偶者: 村田 信之 (1993年 - 2020年)
学歴: 学校法人青山学院
政党: 立憲民主党
子女: 村田琳、 村田 翠蘭
蓮舫 - Wikipedia

ネット上のコメント

蓮舫先生が考える「完璧に平等な順番」を図表か何かにして出してくださいよ。

クラスター防止とか考えたら わかるはずなんだけどなぁ…。

出来る所から接種が進めば優先接種の方が終わり 64歳以下の接種が開始になると接種人数が少しは減ってて一人でも多くの方が早めに接種ができるようになりますよ

大企業には産業医が必ずいるので、そこで接種をしてもらえるということでしょう。優先的にワクチンを融通する代わりに、地域の人びとにも接種してもらう、とう条件を付ければいいのではと思います。すでに絶対量はたりていて、足りないのは「打てる人」ですから。

政争してる場合じゃないです。非常事態です。粛々と職務に当たってください。

みんな一斉に、は無理じゃ無いのかなぁ

もう黙ってて

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします