【重要土地規制法案】福島みずほ議員、勝手に“サブ名称”をつけて印象操作をしてしまう…

福島みずほ議員のツイート

今日衆議院の内閣委員会で、土地規制法案・住民監視法案が強行採決されるとも言われている。

強行採決なんておかしい。

廃案をめざそう!

↓↓↓

有本香さんのツイート

重要土地規制法案には「住民監視法案」なんてサブ名称は付いていませんよ。

法案の名称すら改竄する福島みずほ氏が言う「強行採決」とは何ぞや。

福島瑞穂


福島 瑞穂は、日本の弁護士、政治家。社会民主党所属の参議院議員、社会民主党党首、同参議院議員会長、社会主義インターナショナル副議長。宮崎県出身、神奈川県在住。内縁の夫に同じ弁護士海渡雄一を持つ。 内閣府特命担当大臣、社会民主党幹事長、同副党首、学習院女子大学客員教授などを歴任した。
生年月日: 1955年12月24日 (年齢 65歳)
出生地: 宮崎県 日南市 飫肥
福島瑞穂 - Wikipedia

ネット上のコメント

法案名を改竄し、発信。拡散することで、朝日などメディアに報道の種を蒔く、福島みずほ。いつもの残念な景色かな。

社民党、支持率ゼロは言うことが違いますね。

議席1の妬みです

比例代表制止めたら消滅する社民党。

支持率ゼロが廃案と主張すると言うことは、廃案は民意の逆!ということですね~(¬_¬ )

国民監視法案などと言い、詳細を知らない国民を騙し、洗脳する行為は、もはや、犯罪 ですよね。

日本最下位党に改名した方が良いですね。

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします