沖ノ鳥島周辺の中国船取り締まり強化へ 自民党が立法措置や現地視察検討

沖ノ鳥島周辺の中国船取り締まり 自民が立法検討

▼記事によると…

・自民党は21日、外交部会・外交調査会などの合同会議を開き、日本最南端の沖ノ鳥島(東京都小笠原村)周辺の排他的経済水域(EEZ)での中国船による違法調査活動をめぐり議論した。

出席議員からは「海上保安庁が拿捕(だほ)できないのか」など長期にわたって中国調査船の活動を許している現状への不満が相次ぎ、監視・取り締まり強化のための立法措置も視野に対応策を検討していくこととした。

会議後、中山泰秀外交部会長は、自民党議員による沖ノ鳥島の現地視察を検討する考えを記者団に明らかにした。

2020.7.21 17:36
https://www.sankei.com/politics/news/200721/plt2007210029-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

沖ノ鳥島


沖ノ鳥島は、太平洋上に位置する小笠原諸島に属する孤立島。サンゴ礁からなる島であり、東京都小笠原村に属する。日本の領土としてもっとも南に位置しており、日本最南端の島である。
最大幅:1.7 km
島数:2小島を伴う1つの環礁
沖ノ鳥島 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

尖閣も忘れるな!

「検討」はもうやめろ。「即実行」を遂行しろ。

赤珊瑚密漁で何もしなかったからですね今回はちゃんとできるのか?

独立国家としての自尊心が在るだろうが日本政府においては河野太郎頑張れ安倍も頑張れ

でぶち当たるのは憲法九条😂結局、武力による主権行使出来ない。

やはり日本を守るのは自民だけ

なんらかの手段でこれ以上舐められないようなスタンスは取るべきですね!

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認