IOC重鎮委員・ディック・パウンド氏が告白「菅首相が中止を求めても、大会は開催される」

IOC重鎮委員が独占告白「菅首相が中止を求めても、大会は開催される」

▼記事によると…

・新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、開催の是非が問われている東京五輪。そうした中、IOC(国際オリンピック委員会)の最古参委員、ディック・パウンド氏(79)が、「週刊文春」の単独インタビューに応じ、「菅首相が中止を求めても、大会は開催される」などと述べた。

 パウンド氏はカナダの元競泳代表選手。1978年からIOC委員を務めており、バッハ体制下では最古参委員だ。ファン・アントニオ・サマランチ会長時代には副会長を務めるなど、IOCの要職を歴任してきた。「現会長のバッハ氏にも直言することを厭わない重鎮委員」(IOC関係者)だという。

(略)

・――日本の首相が中止を決めた場合はどうするか。

「私が知っている限りでは、日本政府は非常に協力的だ。五輪の開催は、日本の当局、日本の公衆衛生当局、そしてオリンピック・ムーブメント(IOCなどの活動)が共有している決定だ。仮に菅首相が『中止』を求めたとしても、それはあくまで個人的な意見に過ぎない。大会は開催される」

 国民の間で今夏の東京五輪開催に否定的な声も高まる中、IOCの重鎮と呼ばれるパウンド氏の発言に対し、日本政府がどのような対応を取るかが注目される。

2021/05/26 16:10
https://www.msn.com/ja-jp/sports/newsnational/

ディック・パウンド


リチャード・ウィリアム・ダンカン・パウンドは、カナダの元競泳選手・弁護士。1978年から国際オリンピック委員会委員。
生年月日: 1942年3月22日 (年齢 79歳)
ディック・パウンド - Wikipedia

ネット上のコメント

ちょっとすごいインタビュー。開催国の意見など無視して開催する、と。IOCって何様なんだ?

ここまで言われて、オリンピックを歓迎しますっていう気分になれる人がいたらお目にかかりたいです。これは完全に喧嘩です。

強欲

もしかしてこの人は 無惨様?

今まで「五輪は中止で」 → これから「五輪反対」

狂ってんな

頭のイカれた連中の集まりなんだなオリンピック関係者って

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします