武漢ウイルス研究所職員、19年秋に体調不良を訴えていたことが判明

武漢ウイルス研究所職員、19年秋に体調不良訴える

▼記事によると…

・中国の武漢ウイルス研究所(WIV)に所属する3人の研究員が2019年11月に、病院での治療が必要になるほどの体調不良を訴えていたことが分かった。これまで公表されていなかった米情報機関の報告書から明らかになった。新型コロナウイルスが同研究所から流出した可能性についてより詳細な調査を求める声が高まる可能性もある。

・今回は、新型コロナの発生源を巡る調査の次の段階について世界保健機関(WHO)の意思決定機関が協議する直前に、不調を訴えていたWIV研究員の数やその時期、通院していた事実などが明らかになった形だ。

・19年11月は、多くの疫学者やウイルス学者が、パンデミック(世界的大流行)の原因となった新型コロナウイルスが武漢で広まり始めたと考えている時期にほぼ相当する。

5/24(月) 11:17
https://news.yahoo.co.jp/articles/7b55a8ee472983bda4d30de4f507b63141efbd02

武漢ウイルス研究所


中国科学院武漢ウイルス研究所は、中華人民共和国湖北省武漢にある、ウイルス学研究所である。1956年設立。中華人民共和国国家重点実験室に指定されている。 2016年12月現在、研究所には合計266人の研究員がおり、内訳は科学研究職189名、大学院生253名などが在籍する。 所長は王延軼。党委員会書記は肖庚富。
武漢ウイルス研究所 - Wikipedia

ネット上のコメント

何を今さら‥‥という感じ。僕は少なくとも去年の3月には武漢の生物研究所が2019年10月に携帯の電波が消えた事で3週間閉鎖された可能性がある事。9月には武漢空港で人民解放軍による大規模な防疫訓練があった事を発信していた。

別に不思議でもない話。2019年の暮れには、「武漢で妙な肺炎」という情報を聞いた記憶がある。ネットTVの情報だったと思うが…知人との話の中で 話題にもなった。しかし、既に「致命的な証拠」は隠滅されてしまっているのではないか、と懸念する。

中国は「米軍が武漢に持ち込んだかもしれない」と反論しているけれど、もし中国が本当にそう考えていれば、もっと国際的にわめいているでしょうね。

当初から報道されていたよ。フランスの政府系放送局によると新型コロナウィルス第一号は武漢ウイルス研究所女性研究員「黄燕玲」。実験室での研究中にウイルス漏れ事故により感染死。葬儀関係者に感染広がったって。

武漢研究所から出てないと思ってる国いないだろ。潔白なら直ぐに調査隊招き入れて隈なく調査させて仕舞えば良かったのに

要は研究所職員の不手際でウイルスが流出してしまってそれを隠蔽していたって事でいいのかな そんな気はしてましたしそうだったとしてももはや驚きはない

これが今まで隠蔽されていたことが全てを物語っているのでは?

話題の記事を毎日更新


いいね!&フォローをお願いします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認