マレーシア前首相が米日豪印に警告「世界経済回復のために中国を怒らせてはならない」

「世界経済回復のために中国を怒らせてはならない」 マレーシア前首相が米日豪印に警告

▼記事によると…

・「日本経済新聞」の5月20日の報道によると、マレーシアのマハティール前首相は、「4国戦略対話(QUAD)」メンバー国は慎重に事を進め、世界経済回復のために中国を怒らせてはならないと警告した。

 マハティール氏は、「QUAD」のメンバーである米国、日本、オーストラリア、インドは中国と単独で接触していいが、中国のインド・太平洋地域と南中国海で高まる影響力を連携して抑止しようとしてはならないと述べた。

 「日本経済新聞」が開いたアジアの未来会議で、マハティール氏は「QUAD」は古い包囲戦略だと指摘し、「このような戦略の中で敵を包囲しようとしても、敵は報復してくる」と述べた。

 マハティール氏は、「QUAD」は安定と共通の経済利益の実現を目標に、中国と平和な話し合いを進めるべきとの見解を示した。

 また、トランプ米前大統領が中国に過激な態度を示した後、ジョー・バイデン大統領は中国との関係を修復できることを望むと話した。

2021-05-23 15:49:08
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2021-05/23/content_77520613.htm

マハティール・ビン・モハマド


マハティール・ビン・モハマドは、マレーシアの政治家、医師。同国首相、暫定首相などを歴任した。
生年月日: 1925年7月10日 (年齢 95歳)
マハティール・ビン・モハマド - Wikipedia

ネット上のコメント

中国の犬発見

金のために国を売れとな

世界経済回復の為に各国が中国に賠償請求したらええんちゃうかな。降って湧いた好景気になるかもしれん

世界経済回復させたかったら中国潰すしかない段階なんだと思う。

わはは!自白来ました〜!

舎弟やったんか

どうしたんでしょうか?残念です。

話題の記事を毎日更新


いいね!&フォローをお願いします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認