遠藤利明元五輪相「安全・安心な大会を開くことは可能だ」

五輪組織委・遠藤副会長インタビュー「徹底した感染対策で安全な大会可能」

▼記事によると…

・大会組織委員会副会長の遠藤利明元五輪相は産経新聞のインタビューで、コロナの治療にあたる医療従事者を現場から引きはがさずに感染対策を徹底することで「安全・安心な大会を開くことは可能だ」と訴えた。

 --具体的には

 「来日する選手や関係者は、出国の96時間以内に2度のPCR検査などを行い、陰性証明書の提出を求める。さらに入国直後だけでなく、選手村や宿泊先に入る際、滞在中まで含めて検査を徹底し、日本の人々と接触や交わらない手はずも整える。公共交通機関の利用は禁じ、選手村や宿泊先からの外出は、自身が提出した活動計画に記載されたものに限定する。違反すれば日本滞在に必要となる大会の参加資格剥奪(はくだつ)もありうる」

 --海外から訪日する数万人規模の報道陣が、感染を広めるとの懸念がある

 「大会に合わせて来日する海外メディアは、街なかでの取材は認めない。宿泊先と競技に関係する施設以外での活動は、行動計画で認めたものに限定する。宿泊先は組織委などが用意したホテルに限定し、一棟やフロアの貸切など、管理できるようにする。食事もホテルの部屋でのルームサービスやデリバリーを用意する。宿泊先の管理も徹底し、一般利用者との接触を避ける。公共交通機関の利用も禁じ、専用バスや貸切車両での移動とする。地方で競技が開かれる際は、他の乗客と間隔を空けたような、組織委が指定した新幹線や飛行機で移動してもらう」

(略)

5/23(日) 21:15
https://news.yahoo.co.jp/articles/0690ce2cbc71ca5f0ef550134103f66a5809ddb3
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

遠藤利明


遠藤 利明は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、自由民主党2020年オリンピック・パラリンピック東京大会実施本部長、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック組織委員会副会長。
生年月日: 1950年1月17日 (年齢 71歳)
出生地: 山形県 上山市
学歴: 中央大学
遠藤利明 - Wikipedia

ネット上のコメント

第一波の時の緊急事態宣言の時に比べたらもう全てがゆるゆるになってる気がします

具体的な方法があるなら 各自治体に教えてやれよ

安心ってのは周りがそう思って初めて成り立つのでは?

安心・安全って言葉を軽々しく言ってはいけません。

具体的によろしく

言うのは簡単。では現実はどうだ?

そういう机上の空論聞き飽きたんで、出来なかった時のケジメとかを宣言してくださいな

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします