【猛打賞】ロッテ・清田、謹慎解除で実戦復帰した当日にまた不倫報道「勘弁してください…もう死にます」

懲りない男…ロッテ・清田育宏が復帰早々の「不倫デート」!

▼記事によると…

・5番DHとして謹慎明け二軍公式戦初出場を果たした5月12日の夕方5時。試合を終えたロッテ・清田育宏(35)が向かったのは、妻子が待つ自宅……ではなく、目黒区内のマンションだった。

・再び清田が姿を見せたのは、3時間以上が過ぎた夜8時半。隣にいるのは、女優の黒木メイサを思わせるスレンダー美女だ。手をつなぎ、女性が清田の顔に唇を寄せるなど、楽しそうな雰囲気である。

・今年1月8日発売号の本誌で桐谷美玲似の美女・A子さんとの3年に及ぶ不倫が発覚した清田。コロナ感染隠蔽と球団への虚偽報告も明らかになり、1月15日から無期限謹慎処分を受け、5月1日に処分が解除されていた。

・「B子さんはモデル経験もある沖縄出身の女性です。年齢は30代前半。清田との出会いは`19年の石垣キャンプの頃だと聞いています。清田の知人が開いた飲み会にB子さんも呼ばれ、連絡を取り合うようになったそうです」(清田の知人)

――フライデーです。B子さんとの関係についてお伺いしたいのですが。

「あ、あ、全然知らない人です」

――いま一緒にいるじゃないですか。知らない人を車に乗せていたんですか。

「何も知らない人です」

――B子さんとは`19年から不倫関係にあると聞いています。

「いや、知らないです」

――先日は彼女のマンションに行き、手をつないで出てきていましたが。

「あー、あー、もう。あー」

この後、記者から逃げようとしたのか、清田はまったく関係のないマンションに入ろうとするなど、右往左往し始めた。しかし、何かを観念したのか、しばらくして記者に自ら話しかけてきた。

「これってフライデーに載るんですか? 勘弁してください」

――では、ちゃんと話してください。

「話しても意味ないですよ。復帰初日なんですよ。もう死にます」

――不倫という点に反論がある?

「反論とかじゃなくて……もう終わりですよ。これで球団もクビ、家族にも迷惑がかかる……」

そう語り姿を隠した清田。直撃から2日後には、清田の代理人弁護士を通じて次のような回答があった。

「(B子さんとは)数年前からの知人ですが、不倫関係にあったことは一切ありません。関係を疑われる軽率な行動をとってしまい、深く反省しています。(妻との婚姻関係は)継続しています」

5/21(金) 7:02
https://news.yahoo.co.jp/articles/98a6524ad7bb2ed633a6068e0e8d0747ec8de10b

関連ツイート

清田育宏


清田 育宏は、千葉県鎌ケ谷市出身のプロ野球選手。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。
生年月日: 1986年2月11日 (年齢 35歳)
出生地: 千葉県 鎌ケ谷市
年俸: 3000万円 (2013年)
清田育宏 - Wikipedia

ネット上のコメント

治らない病気

本当にスポーツマンの風上にもおけない男だと思う。ロッテはいつまで甘やかす気か?一軍に居場所もないし整理してクビにしても良いと思うが?

おう、達者でな

きっと、この人は野球より女性といることの方が大事なんだろうね。結婚に向かない人って、こう言う人のことを言うんだろうね。奥さんの気持ちを考えると悲しくなりますね。こう言う記事を見ると結婚しなければいいのにと思う。

謹慎中に不倫していたのなら組織をナメているとしか言いようがないと思う。ロッテはこれで組織として示しがつくのでしょうか?そろそろ決断する時だと思いますが?1軍に定着も出来ない選手をこれ以上養う意味があるのかちょっと良く分からない。

アウト。というよりゲームセット。。もはやカウンセリングが必要なレベルだと思います。プロ野球選手としてのキャリアは早々に諦めて治療に専念すべき。

不倫もやけど、高速に乗るや150キロを超える速度で←これも大問題やし、記者も同じスピードで追跡試みてたって事か?

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします