立憲民主党、重要施設周辺の土地利用規制法案の修正要求「刑事罰の削除」「国籍の事後届出」

重要施設周辺の土地利用規制法案 立民 政府に修正求める方針

▼記事によると…

・安全保障上、重要な施設周辺の土地や建物の利用規制を盛り込んだ法案をめぐり、立憲民主党は私権の制限につながるなど問題点が多いとして国の調査に応じなかった場合に科される刑事罰の削除など、政府・与党に修正を求めていく方針です。

・それによりますと
▽国の調査に応じなかった場合に刑事罰を科す規定について行きすぎた対応だとして削除すべきだとしています。

また
▽「特別注視区域」の土地や建物を売買する際に氏名や国籍などを事前に届け出ることを義務づける規定について事後でも認めるよう主張しています。

2021年5月20日 5時36分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210520/k10013040881000.html

立憲民主党


立憲民主党は、2017年10月に結党し、2020年9月14日に解党した日本の政党。民進党代表代行であった枝野幸男を中心に、立憲主義・草の根民主主義を掲げて結党された。 結成当初の略称は「民主党」であったが、2019年4月から解党までの略称は「りっけん」であった。
立憲民主党 - Wikipedia

ネット上のコメント

外国のエージェントだと隠さなくなったね、とうとう。

はいはい、わかったわかった

事後報告…意味がわからん。 守りたい国で働いて欲しい。

振り切り方が逆に凄いですね。

わかりやっす

もう隠さなくなったね。

日本の敵

話題の記事を毎日更新


いいね!&フォローをお願いします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認