仏ラグビー連盟、国内女子ラグビーでのトランスジェンダーのプレー認める

仏ラグビー連盟、国内女子ラグビーでのトランスジェンダーのプレー認める

▼記事によると…

・フランス・ラグビー連盟(FFR)は19日までに、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの女性が同国の女子ラグビーでプレーするのを認める採決を全会一致で可決した。来シーズンから適用される。

今回の決定は、ラグビー競技の国際的な統括団体であるワールドラグビーの提言に沿わないものとなった。ワールドラグビーは昨年、トランスジェンダーの女性がコンタクト(接触プレー)を伴う女子ラグビーでプレーすることについて、「安全上、国際レベルの試合では」推奨しないと発表していた。

ただ上記の提言に拘束力はなく、各国の協会にはそれぞれの普及策を講じることが認められている。

2021.05.19 Wed posted at 19:30
https://www.cnn.co.jp/showbiz/35170947.html

トランスジェンダー


トランスジェンダーの人は、生まれた時に割り当てられた性別が自身の性同一性と異なる人である。 性同一性は、性自認、ジェンダー・アイデンティティとも呼ばれ、自身の性をどのように認識しているのかを指す。
トランスジェンダー - Wikipedia

ネット上のコメント

体格差(パワー)が違い過ぎて 女子選手が怪我するでしょ

男子、女子があるなら、男女混合を作る方が自然かも。

これは反則

これありえないわ 各チームトランスジェンダーをスカウトでもしないと 勝てなくなるんじゃない

もう呆れる 自分が身体能力的に有利な方に入りたいだけにしか見えない

『女子』ラグビーなのに認めたらアカンだろ。パワーが違いすぎる。

え、え〜 あかんやろ

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします