野田前首相、立憲国民合流に参加意向「党名は『立憲民主党』を基本に議論すべき」

立・国合流「とやかく言わず歩んで」 野田前首相も参加意向

▼記事によると…

・無所属の野田佳彦前首相は21日、立憲民主党と国民民主党の合流について「今の立民の提案をベースに、なるべく早く結論を出すことが望ましい。とやかく言わず、両党で合流に向けたプロセスを歩んでほしい」と述べた。

「基本的にはみんなで行動していきたい」とも語り、新党結成後、グループとして加わる意向も表明した。

・野田氏は党名については「『立憲民主党』を基本に議論をすべきだ」と述べた。

・玉木氏は合流には憲法や消費税などの政策的な一致が必要だとの立場だが、野田氏は「それは(新党内に)1つのグループを作った中でもできる話ではないか」と語り、不快感を示した。

2020.7.21 14:19
https://www.sankei.com/politics/news/200721/plt2007210019-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

野田佳彦 プロフィール


野田 佳彦は、日本の政治家。内閣総理大臣、衆議院議員。千葉民主連合代表。 千葉県議会議員、財務副大臣、財務大臣、内閣総理大臣、民主党国会対策委員長、民主党政治改革推進本部事務局長、民主党幹事長代理、民主党代表、民主党最高顧問、民進党幹事長、院内会派「社会保障を立て直す国民会議」代表などを歴任。
生年月日:1957年5月20日 (年齢 63歳)
野田佳彦 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

党名は大事ですよ!

国民のために党名ではなく政策を提言しなさい。

税制は経済政策の重要な柱の一つ、与党に対抗するなら、まずは消費税減税でまとまらない合流なら、国民民主党所属議員にとって、イメージダウンでしかない。

立憲民主党は国民民主党の豊富な資金がほしいからじゃないの?

党名一つとはいえ、ここまで玉木氏の心情を考えられない集団もすごいと思う。

ついに鶴の一声が発せられました。これで決まったか...

名前より中身やん

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします