【韓国】“徴用工訴訟”、現金化手続き進む 裁判所に鑑定書提出

“徴用工訴訟”日本製鉄、現金化手続き進む

▼記事によると…

・韓国のいわゆる元徴用工訴訟で賠償を命じられた日本製鉄の資産について、売却して現金化するための鑑定手続きが進んだことがわかりました。

原告側の関係者によりますと、元徴用工訴訟をめぐり、賠償を命じられた日本製鉄の韓国国内の資産について、大邱地裁・浦項支部が委託した鑑定人が今年1月15日付で裁判所に鑑定書を提出しました。

これにより、資産を売却し現金化するための鑑定手続きが、進んだことになります。

5/13(木) 17:20
https://news.yahoo.co.jp/articles/4851d38937e905ed0fe2e06c89e4718b594284cd

徴用工訴訟問題


徴用工訴訟問題(ちょうようこうそしょうもんだい)とは、第二次世界大戦中日本の統治下にあった朝鮮および中国での日本企業の募集(自由募集)や朝鮮総督府が各地方自治体にノルマを化して人員をあつめた官斡旋、総督府が対象者個人に直接「徴用令状」を発給して労務者をあつめた徴用等により動員された元労働者及びその遺族による訴訟問題。元労働者は動員形態の如何にかかわらず「徴用工」と呼ばれることが多い。元労務者は、奴隷のように扱われたとし、現地の複数の日本企業を相手に多くの人が訴訟を起こしている。韓国で同様の訴訟が進行中の日本の企業は、三菱重工業、不二越、IHIなど70社を超える。2018年10月30日、韓国の最高裁にあたる大法院は新日本製鉄(現日本製鉄)に対し韓国人4人へ1人あたり1億ウォン(約1000万円)の損害賠償を命じた。
徴用工訴訟問題 - Wikipedia

ネット上のコメント

待ちくたびれたよー 炒飯マダー?(・∀・)?

はよやれ。 そんで縁切れ。

これは慰安婦などとは比べ物にならないぐらい深刻な対立に発展するので、両国のために絶対に止めさせないといけない。

昨今の件で、日本国民は広く真の姿をしってしまった このような手続きをすればするほど、我々日本人の心は離れていくことを彼の国だけが気がつかない

やるやる詐欺

よしよし、順調に自分の絞首台を仕上げているようで何より。

ちゃちゃっとやってよ!

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします