【放送禁止用語】IOC会見で異常事態… 反五輪の抗議者まぎれ強制終了

IOC会見で異常事態 反五輪の抗議者まぎれ「五輪はどこにもいらない」 強制終了

▼記事によると…

・国際オリンピック委員会(IOC)は12日、理事会を開催後、マーク・アダムス広報部長によるオンライン会見が行われたが、終了間際の質問者が反五輪の抗議を行う異常事態となり、不穏な空気が流れて終了した。

・東京五輪についての質問が集中した後、某ウェブメディアの名前が読み上げられ当てられたが、反五輪の旗を掲げる男が登場。「No Olympics anywhere、No Olympics anywhere(オリンピックはどこにもいらない)」と低い声で繰り返し、放送禁止用語とともに「私たちは五輪を望んでいない。LAに五輪はなく、東京にも五輪はない」と訴えた。質問は突如終了。広報部長が取り繕うように、終了を告げて、会見は終わった。

5/13(木) 0:31
https://news.yahoo.co.jp/articles/d064529cae4957d5480ddc1422d5285b170f15f7?tokyo2020

国際オリンピック委員会


国際オリンピック委員会は、近代オリンピックを主催する団体であり、またオリンピックに参加する各種国際スポーツ統括団体を統括する組織である。スイス民法典第60~79条に基づく非営利の非政府組織であり、法的には民間の協会に分類される。本部は、スイス・ローザンヌのオリンピックハウス。
代表: トーマス・バッハ
本部所在地: スイス ローザンヌ
設立: 1894年6月23日, フランス パリ
国際オリンピック委員会 - Wikipedia

ネット上のコメント

放送禁止用語の強さの程度の評価は難しいのかもしれないけど、これは反対論者にとって著しいマイナスだな。反対論者が無法者扱いされて終わるだけや。

放送禁止用語使ったら負け。オリンピックはどこにもいらない、だけでよかったのにな。

主張には同意しかないな。この状況でやる方がおかしい。

オリンピックどんどん嫌われてきてる感

これ、テレビで流れますかね…?ホントに?!と思いましたが…。本当ならそれもあった出来事として忖度や極端な異論扱いせずに報道して欲しい。

商業主義に蝕まれたオリンピックの欺瞞がこのコロナ禍でますます明らかになった。「強制終了」した事で自らそれを認めたようなもの。

IOCと日本の組織委員は、これでも、中止意見はゼロだったと言っている。

話題の記事を毎日更新


いいね!&フォローをお願いします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認