中国ロケット、制御不能で大気圏へ  大型のため残骸落下の恐れ

中国ロケット、制御不能で大気圏再突入 8日ごろ、米軍が追跡

▼記事によると…

・米国防総省は4日、4月下旬に打ち上げられた中国の大型ロケット「長征5号B」が、近く制御不能状態のまま大気圏に再突入するとして、追跡を続けていると明らかにした。再突入は8日ごろになる見通しという。

・大気圏に再突入する人工衛星の残骸などは通常、地表に到達する前に燃え尽きる。しかし、長征5号Bは全長約54メートルと大型で、残骸が地表に落下する恐れがある。

2021年05月05日14時15分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021050500387&g=int

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

このニューを見てから、長征5号Bの軌道を確認したらずいぶん下がってきているのですが、8日まで持つのかな?

もし 大きな破片が G7のどこかに落ちたりするものなら

どこかに落としても、我が国の物ではない。言い掛かりだ。かな?

なんでテレビでしないねん なに??当たるまで言わないつもり??

中国メディアの発表が無いみたいやけど、、、、www

北朝鮮にだけは着弾しないでくださいよ

燃え尽きないほどデカイのに制御不能って何気にヤバくない?

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします