朝日新聞『赤木ファイル、国が存在認める方針 森友改ざん問題』

赤木ファイル、国が存在認める方針 森友改ざん問題

▼記事によると…

・学校法人森友学園(大阪市)への国有地売却をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、自死した同省近畿財務局職員赤木俊夫さん(当時54)が改ざんの経緯を記したとされる「赤木ファイル」の存在を、国が認める方針を固めたことが関係者への取材でわかった。

赤木さんの妻・雅子さん(50)が国などに損害賠償を求めた訴訟の裁判手続きの中で、国は6日にも文書で回答するとみられる。

2021年5月5日 5時00分
https://www.asahi.com/articles/ASP546SFFP54PTIL002.html
>>『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

マッチポンプ野党

赤城ファイルが見つかって、一番困ったのは野党だろうね。自民党に困ったことが書かれていたら、隠し通すだろうから。野党議員の一部始終が書いてあるから、見つかりましたとやった気がする。

流石、朝日ですね!

野党の官僚に対する嫌がらせや虐めが原因でしょ。

自らのパワハラ言動は棚にあげる。パヨクらしい姿勢…

百歩譲って私有地払い下げに政権が関与していたならまだしも、結局籠池夫妻の詐欺事件でしたからね。パワハラ自体悪だが、野党にはカケラの正義すらない。

野党は官僚との関係を考え違いしている。おのれ等が数回の例外・失敗例を除いて万年野党であるという自覚を持たねば、さらに官僚を殺すだろう。

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします