【池袋事故】飯塚被告の言い分「目で見たものと、ドライブレコーダーの内容が違う」

パーキンソン病で「杖2本生活」でも運転し続けた飯塚被告の言い分

▼記事によると…

・2019年4月の昼時に東京・池袋で乗用車が暴走し、2名を死亡させた「池袋暴走死傷事故」で、過失運転致死傷罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)の第7回公判が4月27日に東京地裁(下津健司裁判長)で開かれた。

(略)

・検察官 「高齢化すると、運動能力、判断能力、認知能力が低下しますね?」

被告 「はい」

検察官 「それらが低下したとは思わないんですか?」

被告 「認知機能も、運動機能も、車の運転については少なくとも問題ないと思っていました。車の使用頻度が上がっているので」

90歳手前になり身体的な衰えを客観的に指摘されながらも、自身では運転には問題ないと考えていたようだ。「目で見たものと、ドライブレコーダーの内容が違う」とも主張している。

真実は被告の見たものか、それともドライブレコーダーに記録された映像か。次回の公判では遺族の松永さんが直接、被告に質問を行う機会が設けられる予定だ。

2021年4月29日 11時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/20110784/

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

旧通産省工業技術院、、、、、、、

車体の次はドライブレコーダーの故障を訴えたりして

もうあかんやんこの人wwww

幻覚が機械に記録される……歴史的ホラーだったか

呆けとるんやろ( -_-)

心神喪失みたいにして実刑逃れを狙っているのかな…

神か?wwwwwwww

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします