紀州のドン・ファン事件、元妻は葬儀当日スマホいじって笑顔… 4月に「いま社長が死んだら、私にはいくら入るの?」

独占映像入手 紀州のドン・ファン事件、元妻は葬儀当日スマホいじって笑顔

▼記事によると…

・週刊ポスト取材班は、野崎氏の葬儀当日に須藤容疑者の様子を捉えた映像を独占入手していた。

・場所は野崎氏の自宅。白いソファーでくつろぐ様子が映っている。葬儀当日だからか、上下黒のパンツスーツのような服装だ。スマートフォンをいじりながら、笑顔を見せる須藤容疑者。白いネイルがキラリと光る。

関係者が「(部屋が)キレイやで」と語ると、須藤容疑者は「警察がやりまくりました」と語る。捜索が入ったために部屋が綺麗になったという主旨のようだ。

動画には、関係者が会話を続けている中でも、スマホをいじり続ける須藤容疑者の姿が映っていた。

・野崎氏は和歌山県田辺市で酒類販売業や不動産業などを営んでいたが、参列した会社の従業員たちも須藤容疑者の言動に不信感を抱くことがあったという。従業員の1人は、かつて取材にこう語っていた。

「2月に結婚した早貴さんが、田辺にやってきたのは4月のこと。それまでは東京と和歌山の別居婚でした。こちらに来て間もない頃、彼女は私に『いま社長が死んだら、私にはいくら入るの?』と聞いてきた。冗談のつもりだとしても笑えなかった」

4/28(水) 14:15え
https://news.yahoo.co.jp/articles/1265c4746294691818e15dd2e0ff786d70a75ad2

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

普通であれば愛する夫ではなかったとしても人の死を目の前にして笑顔でいれるはずがない。

資産家のおじいさんたち この写真が現実です いくらお金をもっていても 自然恋愛はありません。若い人たちも恋愛中は 子孫を残す為に魔法にかかっているだけです。幻想です。

まずは和歌山県警の皆さんに粘り強く捜査を続けていただき、犯人逮捕という結果に感謝します。

失礼ながらもっと美人を想像してたら…人の葬儀の日なんて夫じゃなくても笑えないよ。どんな神経してんだ

しかし全然綺麗じゃないな…

完全犯罪を実行していたはずなのに 3年もたってから逮捕など考えてもいなかったでしょう。共犯の愛人どもも 芋づるで検挙していただきたい。

まぁ、殺める手段として考えついたのだろうが、それにしてもなぜ「覚せい剤」なんだろうか? 一般人にとっては入手が難しく、こんなものを使うとルートを辿られてすぐに捕まると思うのだが。。。

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします