日豪研究チームが家計簿アプリ分析 10万円給付金、7割が貯蓄に

10万円給付金、7割が貯蓄に 家計簿アプリで23万人分析

▼記事によると…

・新型コロナウイルス対応で政府が昨年支給した1人10万円の特別定額給付金について、少なくとも7割が貯蓄に回ったとする分析を日豪の研究チームが24日までにまとめた。低所得者層はそれ以外の層に比べて消費に回す額が多かったことも判明した。家計簿アプリ「マネーフォワード ME」の利用者23万人分のデータを事前の同意を得て調べた。

 決済履歴から確実に消費に回ったと判断できる分は1人当たり約6千円。現金自動預払機からの引き出し分を含めると約1万6千円、他人の口座への振り込みなども合わせると約2万7千円が使われた計算となった。残る7万円超は貯蓄に回ったとみられる。

4/24 16:09
https://this.kiji.is/758581620455653376?c=642615283276121185

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

家計簿アプリ見れちゃうのねーふーん( ˙-˙ )

日本の国民のわずか23万人でこういう評価しかしないメディアって頭おかしいですよね。

アプリで情報抜かれとる?

貯蓄できるほど余裕のある人はいいですね。医薬品、マスク、消毒液などのコロナ対策、生活費に充てたら10万円なんてすぐに消えたわ。

一番給付が必要なのは貯蓄もできない低所得者層。つまり、給付金が生きるためにどうしても必要な人たちは、この統計からは漏れてしまっているわけ。

家計簿アプリで分析されてることをユーザーは 理解したほうがよくないか?

全額税金に消えました

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします