自民若手議員が提言「消費税ゼロと現金給付を」→ 二階幹事長、無言… 自民党幹部「どこにそんな財源があるんだ」

「消費税ゼロと現金給付を」自民若手議員が提言

▼記事によると…

・3度目となる緊急事態宣言を踏まえ、自民党の若手議員らが秋からの「消費税ゼロ」や減収分の8割を補填、社会保険料も2分の1にする、50兆円規模の補正予算の編成を二階幹事長に申し入れました。

・自民党・安藤裕衆議院議員:「これから緊急事態宣言も出るというなかで、改めて、企業あるいは個人に対する給付を拡大するべきだ。10月以降ですね、消費税を当面3年間ゼロにする。合わせて、社会保険料も2分の1にするということを提言しました」

・提言を受け取った二階幹事長は、何も発言しなかったということです。

自民党幹部は「どこにそんな財源があるんだ」と冷ややかですが、提言をまとめた一人は「これこそが総選挙の切り札になる」と期待観を示しています。

2021/04/23 23:34
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000214008.html

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

でって言う。

数少ない良識自民自浄勢力議員がんばれ

実現する訳がない。 実現するなら、もうとっくにしている。

本気なら、二階に伝えても無理だろう。もっと人数増やして自民党議員が内部で動かないと!選挙対策としか考えられない。もう自民党には投票しません。そしたら動き出す。離党する覚悟でやってくれ!

自民党の伝統芸、ガス抜き

是非!

嘘でもいい、がんばれ!

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします