小泉環境相、2030年の温室効果ガス排出量を13年度比46%減とする → 具体策は「まさにこれからだ」

小泉進次郎氏「再エネ導入しっかりやる」 強調も具体策は触れず

▼記事によると…

・小泉進次郎環境相は22日、2030年の温室効果ガス排出量を13年度比46%減とする新目標に関し「まずは(太陽光発電など)再生可能エネルギーの導入をしっかりやる。容易な目標ではないが、実現に向けて取り組むと国際社会に伝えたい」と強調した。省内で記者団に語った。

 一方、46%減を掲げた根拠については明確な説明は避け、新目標達成に向けた具体策も「まさにこれからだ」と述べるにとどめた。

2021.4.22 21:30
https://www.sanspo.com/geino/news/20210422/pol21042221300004-n1.html

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

まず環境大臣をかえることからはじめると良さそうですね。

炭素税の導入だろ! 財務省の提灯だからな。

さぁ、みんなで考えよう。

これからだぁ!ドヤぁぁあ!まじな話、なんのために減らすのか明確にするとこからやりましょう。

これからか!

電気代や税金が、かなり上がりそうですね。

即刻やめさせれ!どうせ効果的な案なんかだせないんだから

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします