パソナ、驚異の中抜き率95%… 五輪スタッフを日当1万2000円で募集するも、国からは日当20万円で請け負う

<見えない予算>「守秘義務で…」五輪担当相、人件費詳細把握できず

▼記事によると…

・東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が企業に業務委託する際の人件費単価について

・毎日新聞が日当以外に諸手当や賞与相当額などを含め1日最高30万円のケースがあると、組織委の内部資料を基に報じている。

・斉木氏は独自に入手した資料に基づき、「ディレクター」について、人材派遣会社のホームページで日当1万2000円程度で募集している一方、委託先への支払いの算出根拠となる人件費単価が最大20万円に上ると指摘。

4/19(月) 20:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/04b5e65379980663cf1ce0afb4118566724c777e

【関連記事】竹中平蔵が東京五輪で“中抜き大儲け”。丸川大臣「守秘義務」の大嘘、人件費名目で国民の税金を食い物

▼記事によると…

・人材会社「95%中抜き」に竹中平蔵の影
担当大臣でさえ把握できていない東京オリンピック・パラリンピックにまつわる人件費。

大会を開催するにあたり、さまざまな業務に従事する人材が必要となるが、組織委員会はそれを企業に業務委託している。

斉木氏は具体的な企業名を明らかにしなかったが、五輪スタッフの募集や研修に携わっているのは人材派遣会社の「パソナ」だとされ、これまでにも多くの不可解な契約が結ばれている。

日刊ゲンダイによると、2017年5月30日に実施された五輪ボランティアの研修業務では、A社が100万円、B社が770万円で応札したが、落札したパソナは8万3000円とあり得ない金額を提示。最初からパソナがありきの出来レースにみえる。

そんなパソナグループの会長を務めるのは竹中平蔵氏。菅内閣の成長戦略会議メンバーでもあり、自民党議員との交流も盛んなだけに、今回の人件費中抜き問題の闇は深い。

2021.04.20
https://www.mag2.com/p/news/494587

関連ツイート

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

ふざけた会社だ

脅威の中抜き率95%( ゚Д゚)

むしろすがすがしいほどの中抜き

通訳は30〜50万円だろう

凄いピンハネ率だわ

相場クラッシャー

そもそも日当20万円の積算がウソくさい。そんな設計有り得ない。

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


いいね!&フォローをお願いします

新着情報をお届けします