【朝日新聞世論調査】GoTo開始、74%が「反対」

GoToの開始、74%が「反対」 朝日新聞世論調査

▼記事によると…

・朝日新聞社は18、19日に全国世論調査(電話)を実施した。政府の観光支援策「Go To トラベル」を22日から始めることに、74%が「反対」と答えた。「賛成」は19%だった。

・事業開始への賛否を男女別にみると、男性が賛成24%、反対70%に対し、女性は賛成14%、反対77%と反対が多かった。

東京都民と東京への旅行が対象外となったが、東京都民は賛成21%、反対72%だった。

2020年7月19日 22時27分(有料記事)
https://www.asahi.com/articles/ASN7M6F97N7MUZPS001.html
>>『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

Go Toキャンペーン


Go Toキャンペーンは、日本の観光需要を喚起して新型コロナウイルス感染症の流行による緊急事態宣言に伴う外出自粛と休業要請で疲弊した景気・経済を再興させることを目的とした、日本政府による経済政策。
Go Toキャンペーン - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

何故これだけ反対意見が多いのに強行するかな?意味わからない

おかしいのは終始一貫して安倍政権。

どう考えても今回の後手後手の政策では、賛同は得られないし、政府の失政だと思いますけどね。

経済が回らなければ、もっと悲惨な事になります。

行きたい人が行くだけのキャンペーンホントほっとけば良いのにね。止めるんだったら仕事の移動も止めないと整合性が取れない。

民主主義としてアンケートすることは大切。

旅行行くのも行かないのも自己責任です。

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


いいね!&フォローをお願いします

新着情報をお届けします