韓国・文化人類学博士「日本の茶道は韓国の草庵茶が手本となった」

「メウォルダンは韓国茶復活のブラックボックス "文化人類学者パク・ジョンジン、草庵茶と韓国車源流明らか」東洋の精神文化の整数... 車と一緒に未来比」注文

▼記事によると…(韓国語機械翻訳)

・茶(茶)という文字の形状は人(人)と木(木)、フル(草)に行われた。車と人は離すことができない関係だ。

次の研究であり、「次の世界」編集主幹のパク・ジョンジン文化人類学博士が草庵茶と韓国車の源流を明らかにした「茶の人文学1」を発刊した。

著者は、過去15年間、中国、日本、そして全国の茶産地と振らを探しながら車と車文化の人類学的研究を開拓した。今回の本は、その結実として、今後継続して出すシリーズの最初のだ。

著者は、2016年12月から2019年2月までに、世界日報平和研究所初代所長を務めており、世界日報に「パク・ジョンジンのチャメク」を2年間66回に渡って連載した。当時の内容を修正・補完して新たな解釈を加えて、今回の本で出した。

著者はメウォルダンの草庵茶の精神が日本に伝わって和風に整えられて、今日の日本草庵車となり、今日の日本茶道の源流的性格を持つと考えている。千利休を頂点とする日本、これモットーの茶道は極めて日本的なものながら、同時に韓国の草庵車その模範になったことありませせる。

2021年04月13日(韓国語)
http://www.jndn.com/article.php?aid=1618267875314888103

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

でも魔法瓶使っちゃう?(´・ω・`)

は〜い!了解で〜す!ꉂ ʱªʱªʱª (ᵔᗜᵔ*)

お、せやな。

ま~たお隣が何か言ってるようだね~。

は?

あーもう、うざい

万葉集、茶道…はい!はい!次は?小出しにせず一気に全て出せば~

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします