NHK『“第4波はまるで違う”大阪の記者が感じる医師の危機感』

“第4波はまるで違う”大阪の記者が感じる医師の危機感

▼記事によると…

・「家族と一緒にごはんが食べられない」
「自宅に帰らず、マンションを借りて暮らしている」

新型コロナウイルスの患者ではありません。
患者を診る医師や看護師のことばです。

私は1年近く大阪の病院の取材を続けてきましたが、今回の“第4波”。これまでとは病院の様子が明らかに違っています。

「このままでは救うことができる命を失うことにつながる」

これまでも繰り返されてきたことばですが、今現実のものとなりつつあります。

これ以上、病院の努力に頼るのは限界だと感じています。

(略)

2021年4月15日 21時39分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210415/k10012973951000.html

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

一番やらなければならない事は維新を追い出す事だよね(´ω`)

ウイルスが強くなっている。人体を通ることによって、必要な改良がなされてしまったという事なんだろう。怖すぎ(ーー;

フォースインパクト

良いレポートをありがとうございます。

医療従事者に感謝しかない。政府は現場を見よ。

政府がこうしましたよね?

吉村、松井に言えよ

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします