中国メディア「捕鯨を続ける日本人は心が冷たい」「やはり残忍と言われるだけのことはある」

日本はなぜ捕鯨を「かたくなに」続けるのか、中国人「日本は残忍」=中国報道

▼記事によると…

・2019年7月、日本は31年ぶりに商業捕鯨を再開した。世界から批判を浴びながらも、日本はどうして捕鯨をやめないのだろうか。中国メディアの百家号は16日、捕鯨を続ける日本人は「心が冷たい」と批判する記事を掲載

・なぜ、日本は今でも捕鯨を「かたくなに」続けているのだろうか。記事は、クジラは絶滅が危惧されており、人道面からも批判を受けていると指摘したうえで、「日本はそれに対して納得させる理由を提出できていない」と不満を示している。

・記事によると、日本は捕鯨を続ける理由の1つとして「伝統文化であること」を挙げているが、「人道的な行為に符合しない血生臭い伝統など残す価値があるのか」と疑問を投げかけた。また、日本は捕鯨が「純粋な商業活動」だと主張しているが、経済が十分に発達した今の日本に捕鯨という商業活動は必要ないはずだと論じている。

さらに、現代の日本人は「クジラ肉をたんぱく源とする必要性もない」と指摘。豊かな日本人はほかの肉を食べることができ、しかもクジラ肉は特においしいわけでもなく、捕鯨の必要性が全くないと主張した。最後に「日本はやはり残忍と言われるだけのことはある」と締めくくっている。

2020/07/18 09:12
https://news.nicovideo.jp/watch/nw7675115

捕鯨


捕鯨(ほげい)とは、クジラを捕獲することである。いわゆるイルカを対象とするものも含む。
捕鯨 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

宇宙の中で、1番お前に言われたくないよ。

お前らなんでも食うくせに偉そうやな

とりあえず叩けるとこ叩いて再生数稼ぎのいつものカスチナ。

得体の知れないもの食って新型ウィルス撒き散らしたやつらに言われたくないわ

”人道的”←これチャイナギャグ?

犬やコウモリ食ってる国に言われたくねぇ

何故、くじらは残忍で他の肉なら残忍ではないような書き方をするのか。生命の価値に順番をつけるか?ヒトのエゴだ。

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事