襲われたら“限りなく生還率が低い”ヒグマにもし遭遇してしまった場合どうすればいい? → 猟友会の回答がこちら…

襲われたら限りなく生還率が低いヒグマ…遭遇したらどうすればいいのか

▼記事によると…

・北海道猟友会砂川支部長の池上治勇氏

ヒグマとの遭遇を避けるためにクマよけの鈴を身に着ける人も多いが、池上氏は「クマ鈴は気休めでしかない」として、別のヒグマ回避法を明かす。

「クマ鈴の音は、そう遠くまでは聞こえるものじゃない。危険を回避するためには、もっとハッキリ存在をわからせるために大声を上げながら歩くのが最も有効。それでも遭遇するときは遭遇してしまう。そうなれば自らの生死をかけて戦うしかない

・「襲われそうになったら目や口を目がけて突き刺すしかない」と語った

2021年4月12日 11時15分
https://news.livedoor.com/article/detail/20011457/

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

クマ怖い。一昨年の道弁連大会の後、チャリでクマに遭遇したのは霧多布だった。同じクマかもしれない。

ヒグマに限らずツキノワグマも襲いかかってくるから注意が必要だ。

遭遇するときは遭遇してしまうwww

田舎は大変だね

こんなのに遭遇したら熊のうんこと一部になって生きる覚悟を決めるわ

熊が出るところには行かないことだね…

身も蓋もない答えで笑っちゃった

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします