ユニクロ柳井会長、ウイグル問題について「政治的なことなのでノーコメント」

ウイグル問題 綿花「ノーコメント」 柳井氏“取引先問題ない”

▼記事によると…

・中国の新疆ウイグル自治区の人権問題をめぐっては、オーストラリアの研究機関が去年3月に公開した報告書で、世界の大手企業少なくとも82社がウイグル族の人たちの強制労働によって、直接的や間接的に利益を得ていると指摘していて、この中にユニクロの名前もあがっていました。

これについて、ファーストリテイリングは去年8月に、報告書で指摘されたような取り引きはないことを確認したとするコメントを発表しています。

8日の決算会見で柳井会長兼社長は、新疆ウイグル自治区から調達した綿花を使用しているかどうかと問われたのに対して「政治的に中立な立場でやっていきたいので、政治的な質問にはノーコメントだ」と述べました。

そのうえで柳井会長兼社長は「取引先の工場で強制労働などの問題があれば即座に取り引きを停止している。人権は非常に大事で、やるべきことはすべてやっている」と述べ、取引先の企業に問題はないとの考えを示しました。

2021年4月8日 21時15分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210408/k10012963801000.html

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

ほー。(棒)

なんでや!

UNIQLO内の公用語が中国語になるかもね

卑怯の一言に尽きる

ビジネス人としては賢明な判断だけど国際人であってほしい。

自分たちさえ良ければそれでいいんかい?

コイツはダメ

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします