三浦瑠麗さん、米国の北京五輪ボイコット示唆を批判「正直、愚かな動きだとしか思えない」

三浦瑠麗氏 米国の北京五輪ボイコット示唆を批判「頭に蝶々が飛んでる」

▼記事によると…

・国際政治学者の三浦瑠麗氏(40)が7日、ツイッターを更新。

・米国は中国によるウイグル自治区での「ジェノサイド(民族大量虐殺)」を問題視。米国務省のネッド・プライス報道官が6日の記者会見で中国の人権侵害を問題視し「(共同ボイコットは)私たちが議論したいことだ」と友好国との北京五輪ボイコットを協議する方針を明かした。

こうした米国の意向に三浦氏は「正直、愚かな動きだとしか思えない」とバッサリ。

その上で「自分たちの政権だけで、冷戦中も列強の対立の時代も、平和の祭典として連綿とつづいてきたオリンピックの歴史を覆そうとするとはね。単に傲慢なのか、頭に蝶々が飛んでるのか」と米国の姿勢を批判した。

2021年04月07日 13時08分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2994891/

twitterの反応

ネット上のコメント

馬○か? 平和の五輪やのに中国のジェノサイドを認めろと?それともジェノサイドはフェイクやとでも言うんか?

なんでこの女の発言をいちいち取り上げるのか。

市民が戦争当事者の意識を持つためには徴兵制が必要だというこの方の頭の中には、一体何が飛んでるんだろうか。

ウイグル問題から目を逸らし、「頭に蝶々が飛んでる」とは何事か。

このオバサンこそ、頭のネジが吹っ飛んでじゃないですかね?ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議して西側諸国がモスクワ五輪をボイコットしたこともご存じでない!?

冷戦期、モスクワ五輪ボイコットを忘れたのかな?冷戦期の事実を引いて現代を批判するならば、それも含めて批判したらいかがか。

けっこうなお歳だと思ってたけど、モスクワ五輪の件知らないのは恥ずかしいぞ。

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認