アニメ制作で進む“日中逆転”の深刻さ「日本人なら中国人の3分の1で済む」

「日本人なら中国人の3分の1で済む」アニメ制作で進む"日中逆転"の深刻さ

▼記事によると…

・日本のアニメスタジオが、中国企業の下請けになるケースが増えている

・中国の求人サイトによると、アニメーターの平均月収は杭州では3万4062元(約52万円)。一方、日本では月収17万5000円でも業界平均よりずっと高い

・日本に拠点を作って日本人アニメーターを抱え込もうとする中国企業の動きが増えている

・中国の巨大企業が、日本の制作会社を傘下に持つことで、豊富な資金力を活用してクオリティーの高いアニメを自前で制作し、自社のプラットフォームで独占配信する動きがあるという

・日本のアニメーターの給与が安いのは「製作委員会」方式が原因。構造的に日本のアニメ業界は制作会社が儲からない

・中国は豊富な資金力でデジタル作画の設備がそろい、アニメの質が格段に向上しているという

・「日本の待遇の悪さは質の低下、最終的には業界の停滞につながりかねない」との指摘も

・既に中国では「日本のトップ級以外のスタジオは、単価が安いけど質が悪いので発注できない」という声も出始めている

2021/04/06 15:00
https://president.jp/articles/-/44767?page=1

twitterの反応

ネット上のコメント

SONYみたいに大手が傘下に入れて、アニメ部門やってほしい。。

どうしたもんですかね。。

中国は賃金高すぎて倒産しまくりだそうです そして、その給料を転職先で払えますかね どっちがいいのかは悩みどころですが… 政府には現状を把握してもらって、法整備していただきたい

やりがいだけでどうにかしようとしてる感じがキライ

恐らくだが、もはやアニメーターに限った話じゃあないんだろうな…。

なぜ全く改善しないのか。。。

まぁこれは日本の仕組みがいかんわな。

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認