黒柳徹子さん「日本は中国から色んなことを“お習い”した国で、大事な国です」

黒柳徹子、「徹子の部屋」終了後は「政治記者になりたい」

▼記事によると…

・女優の黒柳徹子が30日、自伝的物語「窓ぎわのトットちゃん」(1981年)の「刊行40周年記念オンライン記者会見」を開催した。

・「興味があること、今後やってみたいこと」を尋ねられると、「90歳、91歳くらいで『徹子の部屋』が50年。それで終わるだろうと思うのですが、50年でもし終わったらそこから政治の勉強をして、政治記者になりたいなと思っています。『総理! 総理!」って、私が色んなことをお伺いしたら、100歳の人間が総理大臣に何かを伺っていることになるのですが、きっと何か答えてくださるだろうと思って」と声を弾ませた。

・黒柳は「今、中国の方がとっても(たくさん)、『トットちゃん』を読んでくださっていると聞いているのですが、どういうところが面白いのか。これだけ文化が違う。でも、日本は中国から色んなことを“お習い”した国で、大事な国です。その方たちが『トットちゃん』のことを好きと言ってくださるのですが、どういうところが面白いのか、私は分からないのです。だから、知りたいなと思っています。いつか、“なぜ、『トットちゃん』がいいのか”を書いてくださる方がいれば」と期待に胸を膨らませた。

2021年3月30日(火) 20時22分
https://www.rbbtoday.com/article/2021/03/30/187483.html

twitterの反応

ネット上のコメント

中国じゃないじゃん!1400年ぐらい前の 隋 唐 でしょ!

長い歴史上少しずつそうだったとしても今特定の集団に道理に反してまで利する理由にはなり得ません。

昔はね。今はならず者国家。

今を見ないふりするのは何なんだ

昔の大陸からは学んだが今の中共支配地域から学ぶ物はなにか、図々しさぐらいしかないぞ。

今の漢民族とはちがいます。

それは昔の話で共産党が出てくる前の話。今じゃ世界の敵ですね。

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認