バイデン大統領、習国家主席を非難「彼には民主主義のかけらもない」

米バイデン大統領「民主主義と専制主義の闘い」に中国政府反発

▼記事によると…

・バイデン大統領は25日、就任後初めてとなる記者会見で、中国への強い対決姿勢を示しました。

 「私は習近平国家主席を、前から知っている。彼とは通訳だけを介して何時間も話した。非常に率直なやりとりだった。彼には民主主義のかけらもない」(アメリカ バイデン大統領)

 さらに、バイデン氏は現状について「21世紀における民主主義と専制主義との闘いだ」としたうえで、「民主主義が機能すると証明しなければならない」と強調。これに、中国外務省の報道官は・・・
 「アメリカには“民主と人権の灯台”と自負する資格はない」(中国外務省 華春瑩 報道官)

 華春瑩報道官は26日の会見でこのように反発、「政治制度で重要なのは自国の事情に合っているかどうかだ」

3/26(金) 21:54
https://news.yahoo.co.jp/articles/655e7724eca5ba096fe5e54a906ae1bc81df7fac

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

台本通りです

不正選挙で勝ったやつがいうことではないが、それは、正解。

そりゃ社会主義国やからね。

台本書いている人間が変わったのか??? 言うことが以前と全然違う???

共産主義なんだからある訳ないじゃんww

進次郎みたいなことゆうやん。

プロレスですな。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします