花王、人種の多様性議論に配慮し『美白』表現を撤廃へ

花王、「美白」表現を撤廃 人種の多様性議論に配慮

▼記事によると…

・花王は化粧品の「美白」の表記を取りやめる。3月に発売したスキンケア商品を手始めに今後、全てのブランドで美白の表現を使わない。

米国で起こった黒人差別への抗議運動を受け、外資メーカーが肌の色による優劣を連想させる「ホワイトニング」などの表記を取りやめた。

国内勢で初めて花王が肌の色の多様性に配慮することで同様の動きが広がりそうだ。

2021年3月26日 20:16
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ25DD30V20C21A3000000/
>>『日本経済新聞』のご購読お申し込みはこちら

twitterの反応

ネット上のコメント

花王とカネボウの化粧品ブランドって、知らないうちに統合されてたんですね。この「美白」ニュースで初めて知りました

また過敏に反応してる┐(´д`)┌

美黒と美黄を加えて解決をはかる発想はなかったのか

私の好きな物が撤廃されてしまう 悲しいね

ええ〜?美白いいじゃないかー!白を美しいと思う気持ちも認めてくれ。黒より白が好き白くなりたいと思う気持ちは駄目なことなのか??わたしは白くなりたいし、白い肌は憧れる。

そして美肌というと、今度はどんな肌?色んな肌があっていいよね?となり何も言えなくなるループ。

日本人の思う白と海外の方が思う白って全く違うものなのにね。日本人の白はおしろいとかああいうイメージだと思うけど、、

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認